美TOBE LABO マシン利用規約

当社は、当社が運営するセルフエステサロン「美TOBE LABO」に設置するエステ機器(以下「マシン」といいます)の利用にあたって利用者が遵守すべき事項等を、以下の通り定めます。

◆ マシン名称:痩身複合機 「ハイパーバーン」


● 使用前の注意事項

・必ず指定しているクリームをご使用ください。
・マシンを使用する前に、指定しているクリームを手のひらに取り、ヘッドを使用部位に当てて温度をご確認ください。
・異常に熱い時は使用を止めて、スタッフにお声掛けください。
・体調が優れない時は無理に使用しないでください。
・マシン使用時は、金属類・ストッキングを外してください。


● 禁止事項

(1)以下のいずれかに当てはまる場合は使用をしないでください。
・ 医療用電子機器を使用されている方
ペースメーカーなどの体内埋込式医療用電子機器・人工肺などの生命維持用医療用電子機器・心電計などの装着型医療用電子機器・
・心臓、肺、腎臓病など持病のある方 • 急性疾患の方・・ 結核症疾患の方・・有熱性疾患の方
・憂鬱性心疾患及び神経性疾患の方
・甲状腺疾患の方
・伝染病、 感染症疾患の方
・血友病疾患、敗血症の方
・膠原病等医療特定疾患の方
・AIDS/HIVの方・・血圧異常時・・原爆症の方・・糖尿病の方・悪性腫瘍・肝機能障害、血液凝固障害の方・顔面黒皮症の方・メニエール病の方・てんかんの既往のある方
・通院中の方、及び薬を服用中または使用している方・・ケロイド体質の方
・ステロイド系ホルモン剤の長期使用や、肝臓機能障害で毛細血管拡張を 起こしている方
・体調不良の方(疲れ、寝不足、熱などを含む)
・アルコールを帯びている方(二日酔いを含む)・・月経時の腹部への使用
・妊娠中、授乳中、産後生理が2回未満の方または妊娠の可能性がある方

(2)以下の部位には使用しないでください。
・外科手術等の部位
・粘膜(鼻の内部・口の中など)への使用
・矯正や体内へ金属を埋め込んでいる部位
・皮膚トラブルをおこしている部位
・アトピー性皮膚炎をおこしている部位
・特に肌が敏感な部位
・ニキビが化膿し、炎症を起こしている部位
・頭部
・眼球、瞼など目の周り
・ケガや火傷、切り傷がある部位
・整形をされた部位
・金の糸を入れている部位
・ボトックス、ヒアルロン酸、コラーゲンなどを注入している部位
・アレルギー体質で、特に炎症を起こしている部位
・ケミカルピーリングやレチノイン酸などを使用して日が浅い部位
・化粧品による皮膚炎を起こしている部位
・カユミやホテリのあるシミ、物理的刺激などによる病的なシミ、アザがある方
・ウイルス性イボ (ヘルペス・水疱など)
・脱毛、剃毛の直後の部位
・湿布などを貼っていた部位
・刺青・タトゥの部位
・日焼け直後又は過度の日焼けでヒリヒリし、炎症を起こしている部位
・自己処理により肌に負担をかけている部位


● 使用上の注意

・マシンを使用する際は、推奨レベルを必ず守ってください。
・マシンの使用方法は、スタッフの指示および説明動画等に従ってください。
・マシンを使用された日は、肌に負担がかかる行為はお避けください。
・マシンを使用しながらの携帯電話の通話はお控えください。
・マシンを使用しながらの電子機器を使用しないでください。
・マシン使用時の携帯電話の故障などについて、当社は一切責任を負いません。
・クリームの使用量が足りない場合は、火傷する恐れがありますので使用量をお守りください。
・ヘッドを肌に押し当て、軽く滑らせるようにご使用ください。
・同じ部位への30分以上の連続した施術は控えてください。
・火傷には十分ご注意ください。
・使用方法に問題があった場合の火傷・皮膚トラブルなど事故が発生した場合には、当社は一切責任を負いません。


美TOBE LABO WEBサービス利用規約


1条 (目的)

当社は、当社が運営する女性専用セルフエステサロン「美TOBE LABO」(以下「本施設」といいます)の利用に関するWEBサービス(以下「本サービス」といいます)について、本サービスの利用者(以下「ユーザー」といいます)および当社が遵守すべき事項と諸条件を明確にするため、本規約を定めます。


2条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は日本法とします。


3条 (管轄裁判所)

本規約に関連して紛争が生じた場合は、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


2条 (アカウント作成)

1. 本サービスを利用しようとする方は、本規約、本施設の利用に関して当社が定める規約(以下「施設利用規約」といいます)、本施設に設置するエステ機器の利用に関して当社が定める規約(以下「マシン規約」といいます)の内容に同意の上、メールアドレスとパスワードを登録することにより、本サービスを利用するためのアカウントを作成することができます。
2. 前項にかかわらず次の各号のいずれかに該当する方はアカウントを作成して本サービスの提供を受けることはできません。当社が、次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、アカウントの作成を行わず、または作成されたアカウントを抹消することができるものとします。この場合、当社はその理由について一切開示義務を負いません。
① 当社に虚偽の内容を申請した者
② 過去に本規約に違反した者、または本施設の利用を禁止された者
③ 未成年者
④ 現在、暴力団、暴力団構成員、暴力団構成員でなくなったときから5年を経過していない者、暴力団準構成員、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力」といいます。)、もしくは、自らまたは第三者を利用して以下のいずれかに該当する行為を行う者
(1) 脅迫的な言動、もしくは暴力を用いること
(2) 偽計または威力を用いて業務を妨害し、風説を流布するなどにより当社または第三者の名誉・信用を棄損すること
(3) 法的責任を超えた不当な要求をすること
(4) 反社会的勢力への資金提供を行う等、その活動を助長する行為を行うこと
(5) 上記(1)ないし(4)に準ずる行為を行うこと
(6) 第三者をして上記(1)ないし(5)のいずれかに該当する行為を行わせること
⑤ その他、当社が本サービスを提供するのに適切でないと判断した者


3条 (本サービス)

ユーザーは、アカウントを作成することで、次のサービスを利用することができます。
① 本施設利用予約の登録・変更・キャンセル
② 本施設利用に関する契約の申込み
③ ユーザーがコース会員である場合の、コース変更の申込み
④ その他前各号に付随するサービス


4条 (アカウントの管理)

1. ユーザーは、当社の文書による事前承諾なしに、アカウントを第三者に譲渡、貸与等してはならないものとします。
2. ユーザーは、本サービスの利用に必要なID・パスワード等を自己の責任において管理するものとし、第三者がユーザーのID・パスワード等を不正に利用して本サービスを利用した場合でも、当社は当該ユーザーの利用があったものとみなします。


5条 (本施設利用に関する契約の申込)

1. 本サービスのうち、本施設利用に関する契約の申込みを行うユーザーは、自身が以下の各号のすべてに適合することを当社に表明して保証し、かつ、当社の定める施設利用規約、マシン規約、個人情報保護方針の内容を承諾して(本施設を月々の定額制で利用するコース会員契約の申し込みを行うユーザーは、これに加えてコース会員規約の内容についても承諾が必要となります)、これらが当社との間の契約の内容になることに同意する場合に、所定の方法で契約の申込みを行うことができます。
① 満20歳に達している女性の方
② 健康状態に異常がない方
③ 医師からエステ機器の使用を禁止されておらず、かつ、マシン利用規約でその利用を禁止されていない方
④ 過去に本施設の利用を禁止されたことがない方
⑤ 第2条第2項第4号に該当しない方
⑥ 本施設の利用に関して支払うべき費用の滞納をしていない方
2.当社は、前項の申込みを行ったユーザーに対し、必要に応じて、その申込みを審査するための資料の提供を求めることができます。
3.当社は、第1項に基づく申し込みを行ったユーザーに対する承諾の可否を判断し、当社が認める場合にはアカウント登録されたメールアドレスに電子メールで承諾の通知を行います。承諾の通知の発信により申込者と当社との間で本施設利用に関する契約が成立します。なお、当社がユーザーの申込みに対する承諾を拒否する場合でも、当社はその理由について一切開示義務を負いません。
4.前項に基づく契約成立後、ユーザーが本施設に来店したときにその申し込みが第1項に違反するものであったことが発覚した場合、当社は前項の承諾を取り消し、ユーザーの本施設の利用を拒否することができるものとします。


6条 (本サービスの停止、中断)

1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
① 本サービスにかかるシステムの点検又は保守作業を緊急に行う場合
② コンピューター、通信回線等の障害、誤作動、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等により本サービスの提供ができなくなった場合
③ 地震、落雷、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの提供ができなくなった場合
④ その他、当社が停止または中断を必要とすると判断した場合
2. 前項に基づく本サービスの停止または中断によりユーザーに生じた損害について、当社はその責任を負わないものとします。


7条 (本サービスの変更、終了)

1. 当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、もしくは本サービスの提供の全部または一部を終了することができます。当社が本サービスの提供を終了する場合、事前にその旨と終了日をユーザーに通知するものとします。
2. 前項に基づく本サービスの変更または終了によりユーザーに生じた損害について、当社はその責任を負わないものとします。


8条 (個人情報の取扱い)

当社は、別途定める「個人情報保護方針」に従って、ユーザーから入手した個人情報を取り扱うものとします。


9条 (禁止事項)

1. 本サービスを快適にご利用いただくため、当社は、ユーザーが本サービスに関連して以下の行為を行う事を禁止します。
① 当社に対し虚偽の情報を提供する行為、本サービスを他人になりすまして不正に利用する行為
② 他人のID、パスワード等認証情報を不正に取得もしくは使用する行為
③ 本サービスにおけるプログラムまたはソフトウェア(クライアント・ソフトウェア、サーバー・ソフトウェアを含む)のバグに不公正な目的で関与、およびそのバグを他ユーザーに知らせる行為とそれらを利用する行為
④ 本サービスの通信データ、プログラム等の改変、解析、公表、修正、翻案、二次的著作物の作成、逆コンパイル、逆アセンブル、およびリバースエンジニアリング
⑤ その他本サービスの運営を妨害する行為、本サービスの提供を継続することが困難であると当社が判断する一切の行為
2. 当社は、ユーザーが前項に定める禁止事項に該当する行為を行い、その他本規約に違反する行為を行いまたは行うおそれがある場合、当該ユーザーに何ら事前の通知をすることなくただちに本サービスの提供を停止し、登録情報を削除し、その他本サービスの利用を制限することができます。なお、当社はユーザーに対し、これらの措置を講じる理由について説明する義務を負いません。
3. 当社がユーザー資格を取り消したことにより、当該ユーザーが本サービスを利用できなくなり、これにより当該ユーザーまたは第三者に損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。
4. ユーザーが本規約の各条項に違反し、当社または第三者に対して損害を与えた場合は、ユーザーは当社または第三者に対し損害賠償義務を負うものとします。


9条 (規約・個別規定等の改定)

1. 当社は、必要と判断した時、ユーザーの承諾を得ることなく本規約を改定することができるものとし、本サービスのWEBサイト上に改定内容等が表示された時点より、効力を生じるものとします。
2. 本規約の内容が改定され、改定後においても引き続き本サービスをユーザーが利用した場合、ユーザーは、本規約の改定に同意したものとみなされ、ユーザーおよび当社は、改定後の規約に拘束されるものとします。


10条 (不保証)

以下の事項について、当社は、本規約上および法律上いかなる保証や責任も負わないものとします。また、以下の事項において何らかの問題があったとしても、当社はこれの是正義務およびそれによる損害(特別損害・間接損害・付随損害等を含む)を賠償する義務を負わないものとします。
① 本サービスの動作が常に正常であること
② 本サービスおよび本サービス上において如何なる問題・欠陥もないこと
③ 本サービス並びに本サービス上において提供されるソフトウェアおよびその他一切のデータや情報に、如何なるバグや欠陥等の不具合も存在しないこと
④ 本サービスがタイムリーに提供され中断のないこと、本サービス利用時には常にサーバーへのアクセスが妨げられないこと
⑤ 本サービスがユーザーの希望や特定の目的に合致した内容や方式であること
⑥ 本サービスによってユーザーが送受信した情報が画面上に正しく表示され、所定のサーバーに保管され、また当社もしくは他のユーザーを含む第三者に到達すること
⑦ 本サービスにおけるアップロードされた情報が消失されないこと
⑧ 本サービスの安全性を保証すること(本サービスを利用によるユーザーのPCやインターネット環境に支障がないことを含みます)


11条 (規定外事項)

本規約に規定のない事項は、会員規約、施設利用規約、マシン利用規約、その他当社の定める規約、個別規定等に従うものとします。


12条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は日本法とします。


13条 (管轄裁判所)

本規約に関連して紛争が生じた場合は、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


13条 (規約の改定)

1. 当社は、必要と判断した時、ユーザーの承諾を得ることなく本規約を改定することができるものとし、本サービスのWEBサイト上に改定内容等が表示された時点より、効力を生じるものとします。
2. 本規約の内容が改定され、改定後においても引き続き本サービスをユーザーが利用した場合、ユーザーは、本規約の改定に同意したものとみなされ、ユーザーおよび当社は、改定後の規約に拘束されるものとします。


美TOBE LABO 施設利用規約

第1条 (目的)

当社は、当社が運営する女性専用セルフエステサロン「美TOBE LABO」(以下「本施設」といいます)の利用に関して、利用者および当社が遵守すべき事項と諸条件を明確にするため、本規約を定めます。


第2条 (定義)

本規約において以下に掲げる用語は、次の各号の定める意味で用います。
(1) 「本施設」とは、当社が運営するセルフエステサロン「美TOBE LABO」のことをいいます。
(2) 「(本施設の)利用」とは、当社が本施設内に設置したエステ機器等を自己の身体に対して用いる(セルフエステを行う)こと(これに関連して本施設の設備を使用することを含みます)をいいます。
(3) 「利用者」とは、本施設を利用する方のことをいいます。
(4) 「体験利用者」とは、利用者のうち、過去に1度も本施設を利用したことがない方のことをいいます。
(5) 「ビジター利用」とは、本施設利用の都度、当社に利用料金を支払い、本施設の利用を行うことをいいます。
(6) 「ビジター利用者」とは、利用者のうち、ビジター利用を行う方のことをいいます。但し、体験利用者を除きます。
(7) 「会員」とは、当社の会員規約に定める手続を経て、当社との間で本施設を月々の定額制にて利用する契約が成立した利用者のことをいいます。


第3条 (適用)

1.本規約は、本施設を利用および利用しようとする全ての方に適用され、本規約の他、個別サービス毎に規定される個別規約、別途設定するルール、ガイドライン、当社が都度案内する追加規定および今後提供する新サービス毎に規定・案内する個別規定等(以下総称して「個別規定等」といいます)も、名目の如何にかかわらず、本規約の一部を構成するものとします。
2.本規約と個別規定等が異なる場合には、個別規定等の定めが優先して適用されるものとします。


第4条 (利用資格)

利用者は、次の各号すべてに適合する方に限ります。
(1) 満20歳に達している、女性の方
(2) 健康状態に異常がない方
(3) 医師からエステ機器の使用を禁止されておらず、かつ、本施設に設置するエステ機器の利用について当社が別途定める利用規約(以下「マシン利用規約」といいます。)でその利用を禁止されていない方
(4) 本施設の目的・趣旨を理解し、本規約、マシン利用規約、その他当社が定める規約および個別規定等を遵守できる方
(5) 利用料金、入会金等、本施設利用に関して利用者が当社に支払うべき費用の滞納をしていない方
(6) 過去に第10条第1項に基づき本施設の利用を禁止されていない方
(7) 第17条(反社会的勢力の排除)各号に該当しない方


第5条 (ビジター利用)

1. 次の各号のいずれかにあてはまる方は、当社所定の手続を行い、当社が承認した場合、ビジター利用を行うことができます。
(1) 体験利用者として過去に本施設を利用したことのある方
(2) 会員が、会員プランごとに定める利用可能時間外に利用する場合
(3) 過去に会員だった方
2. 当社は、当社に債務不履行等の帰責事由がある場合を除き、ビジター利用者より受領した利用料金の返還を行わないものとします。


第6条 (予約・キャンセル)

1. 利用者は、当社が別途定める方法にて、事前に本施設利用の予約を行うことができます。
2. 前項の予約を行った利用者は、別途当社が定める利用開始期限までに本施設の利用を開始するものとし、これを過ぎても本施設の利用が開始されない場合には、予約時間内であっても本施設の利用が行えないことを予め承諾します。
3. 第1項の予約を行った利用者が、当社が定める期限までに予約の変更またはキャンセルを行わず、かつ前項の利用開始期限までに利用を開始しない場合には、無断キャンセルを行ったものとみなします。
4. 無断キャンセルを行った利用者は、その日以降の予約が全てキャンセルされる場合があることを予め承諾します。


第7条 (本施設利用時の遵守事項)

1. 次の各号に該当する方は、本施設を利用できません。
(1) 飲酒、体調不良等により、施設利用が困難だと当社が判断した方
(2) その他、第4条に定める利用資格に適合しないまたは適合しないおそれがあると当社が判断した方
2. 当社は、次の各号に該当する行為を禁止します。
(1) 他の利用者の施設利用を妨げる行為(威力・暴力を用いることを含むがこれに限らない)
(2) 本施設内での物品の売買、勧誘行為(営利・非営利を問わない)、寄付または署名への呼びかけ、政治活動もしくは宗教活動を行うこと
(3) 当社の許可なく、本施設内を撮影または録音すること
(4) 男性の本施設内への立ち入り(身体障害者の介助者等、当社が特別に許可する場合を除きます)
(5) 許可された場所以外での喫煙、食事
(6) 刃物等危険物、違法薬物および動物の持ち込み
(7) 他人になりすまして本施設を利用する行為
(8) 自身のID・パスワードまたはバーコードを貸し出す等により、他人に本施設を利用させる行為
(9) 当社または第三者を差別し、誹謗中傷を行う等、名誉や信用を毀損する行為
(10) お子様同伴での本施設の利用
(11) 本施設の運営を妨げるおそれがあると、当社が判断した行為
(12) その他、前各号に類する行為
3. 前各項のほか、利用者は施設ごとに設けられた館内規則等を遵守しなければならないものとします


第8条 (当社の免責事項)

当社は次の各号について、責任を負わないものとします。但し、当社の故意または重過失により発生した損害等についてはこの限りではありません。
(1) 本施設内での盗難等の事故
(2) 利用者同士のトラブル
(3) 第11条(本施設の閉鎖等)、第13条(利用の制限)により本施設の利用ができないことによる損害
(4) 利用者が本規約および個別規定等を遵守しなかったことにより発生した損害
(5)本施設に設置されたエステ機器の使用方法に起因して発生した損害
(6) 前各号に類する損害等


第9条 (利用者の責任)

1. 本施設はセルフエステサロンであり、本施設及び本施設に設置されたエステ機器の利用は利用者が自らの責任において行なうものとし、利用者が本施設及び本施設に設置されたエステ機器を利用したことにより生じた結果(怪我、病気、事故、盗難、紛失、その他の損害や危険も含む)について一切の責任を負い、自らの利用行為の結果生じた損害(弁護士費用など一切の費用を含む)を負担するものとします。
2. 利用者が本施設の利用を通じて当社または第三者(他の利用者を含みます)に損害を与えた場合には、利用者自らの責任と費用負担において、その損害(弁護士費用など一切の費用を含みます)を賠償しなければならないものとします。
3. 利用者は、自己のID・パスワードまたはバーコードの管理について一切の責任を負うものとし、第三者が利用者の許可なくこれらを使用することにより本施設が利用された場合でも、利用者自らが当該利用を行ったものとみなされ、それにより生じる責任を利用者は負うものとします。
4. 前各項の規定は、当社に故意または重過失がある場合の、利用者の当社に対する損害賠償請求を妨げるものではありません。


第10条 (利用の禁止)

1. 利用者が次の各号のいずれかに該当する場合、当社は利用者の本施設の利用を禁止することができます。
(1) 当社に提供した登録情報に虚偽の内容が含まれていたとき
(2) 本施設の設備を故意または重過失により損壊したとき
(3) 利用料金その他の諸費用を滞納したとき
(4) 本規約、個別規定等に違反したとき
2. 利用者が前項各号のいずれかに該当する場合、当社は利用者との間に成立した本施設利用に関する契約を解除できるものとします。なお、この場合利用者は、当該解除によって発生した損害の賠償請求および支払済の利用料金の返還等の請求はできないものとします。


第11条 (本施設の閉鎖等)

1. 当社は、次の各号の場合、利用者に事前通知を行うことなく、本施設の全部または一部を閉鎖し、または利用を制限することができます。
(1) 法令・行政機関等の指示・命令に基づく場合
(2) 地震・津波・洪水・噴火等の天災地変、戦争・動乱・暴動等の不可抗力
(3) その他、本施設運営を継続しがたい事由が生じたとき
2. 前項の場合に、利用者がなんらかの不利益を被った場合でも、当社は責任を負わないものとします。但し、当社の故意または重過失により発生した損害等についてはこの限りではありません。


第12条 (営業時間・休業日)

1. 当社は、本施設の営業時間を別途定めるものとし、利用者は当該営業時間内にのみ本施設を利用できるものとします。
2. 当社は、本施設ごとに営業時間ならびに定休日、年末年始・夏季休業等の休業日を定めます。


第13条 (利用の制限)

1. 当社は、本施設運営を円滑に行うため、利用者による本施設の利用時間・利用回数・利用人数を制限することができるものとします。
2. 当社は、下記における利用者による本施設の利用を制限することができます。
(1) 前条第2項に定める休業日
(2) 本施設内の点検・修理・改装を行う場合
(3) 当社が特別なイベント等を実施する場合
(4) 天災地変その他当社の責に帰すことのできない不可抗力により本施設の利用ができない場合
3. 前各項の場合に、利用者がなんらかの不利益を被った場合でも、当社は責任を負わないものとします。但し、当社の故意または重過失により発生した損害等についてはこの限りではありません。


第14条 (情報の登録)

1. 利用者は、本施設の初回利用前に、氏名、住所、連絡先、生年月日等、当社の定める一定の情報(以下「登録情報」といいます)を、当社に対し提供し、当社は当該登録情報を、当社のデータベースに登録するものとします。
2. 利用者は、自己の登録情報に変更が生じた場合には、遅滞なく変更手続を行うものとします。
3. 利用者が誤った登録情報を当社に提供していた、または変更手続を怠っていた等、利用者の責に帰すべき事由により、登録情報の登録が正常に行われていなかったために、利用者が不利益を被った場合、当社は責任を負わないものとします。


第15条 (遅延損害金)

利用者が、当社に対する利用料金等の支払いを怠ったときは、支払期日の翌日から支払済に至るまで年14.6%の割合による遅延損害金を支払う義務を負います。


第16条 (権利の譲渡等)

1. 利用者は、当社の事前の承諾がある場合を除き、本規約に基づく権利義務の全部または一部を第三者に譲渡、移転、担保の用に供してはならないものとします。
2. 当社が本施設にかかる事業を第三者に譲渡する場合には、利用者の承諾を得ることなく、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の登録情報その他の顧客情報等を含む本契約上の地位を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとします。なお、このことは、事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合においても同様とします。


第17条 (反社会的勢力の排除等)

1. 利用者は、自己が以下の各号のいずれにも該当しないこと、および将来にわたってもこれに該当しないことを表明・保証します。
(1) 現在、暴力団、暴力団構成員、暴力団構成員でなくなったときから5年を経過していない者、暴力団準構成員、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団その他これらに準ずる者(以下「反社会的勢力」という)であること
(2) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本契約を締結すること
2. 利用者は、自らまたは第三者を利用して以下の各号のいずれかに該当する行為を行わないことを表明・保証します。
(1) 脅迫的な言動、もしくは暴力を用いること
(2) 偽計または威力を用いて業務を妨害し、風説を流布するなどにより当社または第三者の名誉・信用を棄損すること (3) 法的責任を超えた不当な要求をすること
(4) 反社会的勢力への資金提供を行う等、その活動を助長する行為を行うこと
(5) 前各号に準ずる行為を行うこと
(6) 第三者をして前各号のいずれかに該当する行為を行わせること


第18条 (個人情報の保護)

当社は、利用者の個人情報を、別途定める「個人情報保護方針」に基づき適切に取扱うものとします。


第19条 (準拠法)

本規約に関する準拠法は日本法とします。


第20条 (管轄裁判所)

本規約に関連して紛争が生じた場合は、訴額に応じて東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第21条 (規約・個別規定等の改定)

1. 当社は、必要と判断した時、利用者の承諾を得ることなく本規約および個別規定等を改定することができるものとし、本施設のWEBサイト上に改定内容等が表示された時点より、効力を生じるものとします。
2. 本規約の内容が改定され、改定後においても引き続き本施設を利用者が利用した場合、利用者は、本規約の改定に同意したものとみなされ、利用者および当社は、改定後の規約に拘束されるものとします。


2019年 11月 8日制定